| HOME | 当事務所の運営方針 | 事務所のご案内 | 法律相談 |  報酬基準 | お問い合わせ |

 
養子の子には代襲相続が発生するでしょうか?養子縁組前に生まれた子も、養子縁組み後に生まれた子も、ともに被相続人の相続開始時点で存在している養子の子であるから、ともに代襲相続人となれそうです。
ところが、代襲相続を規定した民法887条2項但書には、「被相続人の直系卑属でない者は、この限りでない」と定められています。
ところで、養子は、養親および養親の血族と「養子縁組の日」から法定血族関係に入ります(727条)。
これに対して、養親は、養子縁組時点に存する養子の親族とは親族関係に立ちません。
したがって、縁組後に生まれた養子の子は被相続人の直系卑属となり、代襲相続が可能ですが、縁組前に生まれた養子の子は被相続人の直系卑属とはならず、代襲相続は発生しません。

戻る

| HOME | 当事務所の運営方針 | 事務所のご案内 | 法律相談 |  報酬基準 | お問い合わせ |
Copyright©Gohara Law Office 2004-2005 All rights reserved