| HOME | 当事務所の運営方針 | 事務所のご案内 | 法律相談 |  報酬基準 | お問い合わせ |

 
給与所得者の休業損害

計算式
{事故前3カ月間の給与額合計(住宅手当、超過勤務手当、通勤手当等付加給含む)÷90}×休業日数

まず、事故前3カ月間の1日あたりの平均給与額を算出します。
それは、事故前3カ月間の給与額合計(本給のほか住宅手当、超過勤務手当、通勤手当等の付加給を含めます)を90で割った額です。
そしてそれに休業日数を掛けて休業損害を計算します。

賞与  
賞与についても、事故による欠勤がなければ勤務先の賃金規定によって賞与を受けることができた場合には、本来受けることができた賞与額と現実に支給された賞与額との差額も賠償請求できます。この場合勤務先から賞与の減額証明書を発行してもらった方がよいでしょう。

税金等  
損害賠償金は非課税であるため(所税9条1項16号、所税令30条)、休業損害の算定においても、所得税、住民税は控除しません。同様に本人分の社会保険料も控除しません。

有給休暇の取扱  
有給休暇は労働者の有する権利として財産的価値を有するものであり、自賠責保険でも有給休暇の使用は休業損害と認められていることから、休業損害として計算するのが一般的のようです(東京地判平成14・8・30)。


戻る

| HOME | 当事務所の運営方針 | 事務所のご案内 | 法律相談 |  報酬基準 | お問い合わせ |
Copyright©Gohara Law Office 2004-2005 All rights reserved