TOPICS
遺留分の計算方法
NEW!相続放棄と代襲相続
NEW!養子の子と代襲相続


| HOME | 当事務所の運営方針 | 事務所のご案内 | 法律相談 |  報酬基準 | お問い合わせ |

遺言を考えていらっしゃる方

あなたの遺産については、遺言書により、自分の好きなように決定できます。何も、親族に気兼ねする必要はありません。
逆に遺言を残さなかったため、相続人の間で紛争が生じ、長年骨肉の争いが展開されることも決して稀ではありません。
自分の財産の処分について、考えが固まった方は、お元気なうちにを遺言書を作成されることをお勧めします。後で考えが変わっても、遺言書を作り直すことは法的に可能です。
また、遺言書で誰かにあげるとしていた財産を、あなたが生前に費消してしまっても全く構いません。
相続問題でお悩みの方

被相続人(亡くなられた方)の遺産について、相続人間で争いになった場合、相続人同士で解決を図ろうとしても、それぞれの思惑もありますし、お互いよく知っている者同士であるが故に紛争の深刻化、長期化が非常に懸念されます。
弁護士としての経験上も、遺産分割事件は揉め出しますと本当に厄介です。なるべく早期に法的専門家のアドバイスを受け、場合によっては弁護士に自分の代理人となって動いてもらうべきです。

 ▼ 相続人の範囲と法定相続分

子供(孫)がいる場合
子供(孫)と配偶者 配偶者 2分の1 子供(孫) 全員で2分の1
子供(孫)のみ   子供(孫) 全員で100%
      注) 直系卑属は再代襲相続あり
子供(孫)がいない場合で、配偶者はいる場合
直系尊属(親・祖父母等)と配偶者 配偶者 3分の2 直系尊属 3分の1
直系尊属もいない場合 配偶者 4分の3 兄弟(甥・姪)全員で4分の1 
直系尊属も兄弟(甥・姪)もいない場合 配偶者が100%  
      注) 甥・姪については再代襲相続なし
子供(孫)がいない場合で、配偶者もいない場合
直系尊属はいる場合
 
直系尊属が100%
直系尊属もいない場合   兄弟(甥・姪)全員で100%
    注) 従兄弟については相続権なし

 ▼ 遺留分割合

  相続人の内訳 遺留分全体
直系尊属だけ 直系尊属以外に相続人なし 全員で3分の1
その他の場合 配偶者と子(その代襲相続人含む) 全員で2分の1
子供(その代襲相続人含む) 同上
配偶者と直系尊属 同上
配偶者と兄弟姉妹 配偶者だけに2分の1
配偶者のみ 2分の1
兄弟姉妹のみ

戻る

| HOME | 当事務所の運営方針 | 事務所のご案内 | 法律相談 |  報酬基準 | お問い合わせ |
Copyright©Gohara Law Office 2004-2005 All rights reserved