| HOME | 当事務所の運営方針 | 事務所のご案内 | 法律相談 |  報酬基準 | お問い合わせ |

 

借地契約更新前の存続期間


契約当事者間での賃貸借期間に関する定め  な  し  20年未満 20年以上
30年未満
30年以上
借地借家法が適用される場合 30年 約定の通り
旧借地法が適用になる場合 非堅固建物 30年 約定の通り
堅固建物 60年 約定の通り
民法が適用になる場合 期間の定めなし 約定の通り 20年
 
(注) 1992(平成4)年8月1日の借地借家法施行前に設定された借地権については、存続保障に関する規律(存続期間・更新等)について、旧借地法が適用されます(借借附則4条ただし書以下)

借地契約更新後の存続期間

借地借家法が適用される場合

契約当事者間での賃貸借期間に関する定め な  し
及び
法定更新
10年未満 10年以上
20年未満
20年以上
1回目の更新 20年 約定の通り
2回目以降 10年 約定の通り

旧借地法が適用になる場合

契約当事者間での賃貸借期間に関する定め な  し
及び
法定更新
20年未満 20年以上
30年未満
30年以上
旧借地法が適用になる場合 非堅固建物 20年 約定の通り
堅固建物 30年 約定の通り


戻る

| HOME | 当事務所の運営方針 | 事務所のご案内 | 法律相談 |  報酬基準 | お問い合わせ |
Copyright©Gohara Law Office 2004-2005 All rights reserved